Posts Tagged: google+

Google+がすごいと思った十のこと

すでにいろんな人が感想や使い方書いてますけど、
僕も自分なりに書いてみようかな、と。

・サークルの概念
簡単に言えば携帯のアドレス帳のグループ機能みたいなものですが、
タグの様な概念なので1人に対して複数のサークルを割り当てられます。
この人は友人でもあるけど大学時代の部活仲間でもある、
というような人は「友人」サークルと「部活」サークルの2つのサークルに含めることが出来ます。
これは後述の公開範囲の設定を実現する為のとても重要な機能です。
そして、UIも素晴らしい。

・情報の公開範囲
知られたくない情報を間違って公開してしまう可能性はありますが、範囲を自分で決められるのは大変便利。
Twitterなんかだとわざわざ別アカウント作ってる人も居るんじゃないでしょうか?
これが1つのアカウントで出来てしまいます。
自分で情報をマネジメントする時代になってきましたね。

・サイトデザイン/UI
アイコンはシンプルでわかりやすいです。
少し前までは立体感のあるツルツルした質感のものが流行ってる気がしたのですが最近はこういう感じの平坦でピクトグラムの様なアイコンの方が人気なのかな?
こちらの方がカラー、モノクロどちらにしても使いやすいと言う利点もあるかもしれません。

とても色々な機能が盛り込まれている印象のあるGoogle+ですが、
そのグローバルメニューは実は、
ホーム/写真/プロフィール/サークルの4つだけです。
良くまとめられていますね。

前述しましたがサークルの概念を実現するUIも素晴らしい。
カーソルを当てるとその人が属しているサークルが青く光り、どのサークルに属しているかが分かります。

そしてドラッグ&ドロップの時のアニメーション。
招待されたらまずはこれで遊んでみましょう。
それだけで1日目は満足するはずです、笑
なんだかすごい人がデザインしてるみたい。
[参考]
Google+がカッコイイ理由

・写真の見せ方
4つあるグローバルメニューの中の1つ、写真。
自分の友達が投稿した画像が全てここに集められます。
とてもきれいに並べてくれます。

・画像認識
(ちょっと編集が面倒なので画像を載せるのは妥協させてもらいますが(-。-;)
投稿した画像を表示してカーソルを顔の部分に当てると…
何と顔を認識してくれます。
このまま自分が登録している友達の名前をタグ付けするとリンクになり、そこからその友達のホームに飛べます。
集合写真なんかだとそのまま友人リストに出来るかも!?

・Nearby(位置情報)
自分の近くにいる人を集めたタイムラインのようなもの。
何だか自分のいる近くに仮想的な溜まり場(集会場?)が有るみたいで面白いです。
今のところ大変ざっくりした位置情報の取り方みたいですがもっと正確になれば面白いかも。

・Google検索との連動
Googleと言えば検索機能やマップですが、Googleが今まで積み上げてきたこれらの機能との連動のさせ方が良いな、と思います。前述のNearbyもそうですが、まさに’惜しげもなく’使ってます。

投稿に場所の名前(住所だけでなく建物名の精度で)を付加したり、Sparksに最新ニュースを表示したり…情報がGoogle+に集約されている様に感じます。

・フィードバックの仕組み
このフィードバックの仕組みにはとても驚きました。
右下のボタンを押すと…

画面のキャプチャが撮れます。
個人情報を隠したり、説明を入れたりも出来ます。
そもそもフィードバックはユーザからしたら面倒なことですがこれならかなり手軽にフィードバックが出来そうです。

Webアプリを作ってるとつい既存のテキストフィールドやボタンをどう並べるかに意識が行きがちですがこのUIは目的を果たすために根本から考えられたとても良いUIだと思います。

・レスポンス
とにかく速い。Facebookと比べると違いが歴然です。

・+1
Google+が公表されるちょっと前に、
突然Googleの検索結果に登場しだした+1ボタン。
最初はFacebookのいいね!ボタンの真似だろ( ̄ー ̄)位にしか思ってませんでしたが、Google+の登場によってもっと重要な機能になった様に思います。
プロフィールメニューの+1タブから自分が+1したものの一覧を見ることが出来ます。
人力検索やソーシャルブックマーク的な使い方が出来ますね。

僕は普段Twitter、mixi、はてぶ、Instapaperをよく使いますが、
もっとGoogle+が普及すればGoogle+1つで全部まとめられてしまいますね。
そうなったらとても便利だなぁ(´-`)