vvvvでプロジェクションマッピングどうしよう

Pocket

これはvvvv Advent Calendar 20152日目の記事です。


vvvvでプロジェクションマッピングします

12/06日に我が第二の故郷調布の布田天神社にて、プロジェクションマッピングをさせていただけることになりました。

感謝!

本堂に対して正面からプロジェクションします。
vvvvを使って本物の建物に対してプロジェクションマッピングするのは初めてなのでさてどうしたものかと。
そこで、今回は
まぁ普通にやったらこんな感じで作るよなぁという実装方法について書いてみたいと思います。

マッピングの方法には2つあると思います。

  1. マスク方式
  2. テクスチャ方式

(命名は僕が勝手にしたものです、笑)

マスク方式

画像や映像を任意の形でくり抜くようにする方式。
こんな感じで実装できそうです。

mask_test_2015.12.02-20.42.34

模様っぽいものやアスペクト比が狂うと辺に見えるものはこの方式の方が良さそう。

テクスチャ方式

メッシュを変形させて投影対象にテクスチャを張るように合わせる方式。
こんな感じの実装。

texture_test_2015.12.02-21.13.18

投影対象の端に何かをぴったり合わせたいときはこっちの方式を使ってみようと思う。

おわりに

メッシュを変形させるのはPointEditorが結構使い勝手良いです。
PointEditorは何種類かあるけど、
PointEditor(3d Parsistant)などのSave機能があるノードを使わないと折角合わせたメッシュが保存されないので、
パッチを開きなおすと一からやり直しになってしまうので注意です。

上記2つの方式を投影対象に合わせて使い分け、最終的にGroupでまとめてプロジェクタに送るようにするつもりです。
あとは実践あるのみ。
次回はこのパッチを使って実際にプロジェクションマッピングした結果と感想を書いてみようと思います( `ー´)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*