後・EclipseでProcessingを使ったプログラムを書く

Pocket

アプレットの出力、したい…

作品を公開するにはアプレットにしてブラウザで表示させたりするけど、Eclipseで書いた場合はどうやるんだろうか。
ためしに、File>Export>Java>JAR file
とかやってみたけど上手く行かなかった。

EclipseのProcessingプラグインを入れてみる

そこで方法を調べていて知ったんだけど、
Processingのプラグインがあるらしい↓
Eclipse Plug In
インストール方法はこのページに書いてある通り。
インストールしてEclipseの再起動が終わると、
File>Export>Processingが追加されているじゃありませんか。
でもここでExport出来るのはこのプラグインを使って、Processingのスケッチとして作成したプロジェクトじゃないと駄目みたい。
なのでプラグインを使って新しくプロジェクトを作成し、今まで書いていたプログラムを移植。

ちなみにこのプラグインを使うと、スケルトンコードや必要なディレクトリが自動で作成されて少し便利。
前のエントリで書いたdataディレクトリも作成されてる。
ただ、dataディレクトリの場所がsrc直下では無くなっている。注意が必要かも。

ちなみにちなみにこのプラグインはWindow>Open Perspective>Other>ProcessingでProcessing用のワークスペースを表示させて使うらしい。
(Javaワークスペースとちがってパッケージ管理とか出来なさそうだけどクラスが増えると不便ではないのだろうか。。。というぱっと見の感想…)

プログラムを移植していよいよExportを試す。
Exportされたファイルはappletディレクトリに作成されているようだが、
Processing IDEの様にindex.htmlは作成されなかった。

仕方ないので、同じくappletディレクトリに入っている.pdeファイルをProcessing IDEで起動して、アプレットとしてエクスポートしてみた。index.htmlも作成されたけど、ブラウザで観てもアプレットは上手く動かなかった。(真っ白い枠が表示されただけだった。)
ためしに2D(size(200,200,P3D);とか書いてないプログラム)をエクスポートしてみた。
これはちゃんと動いた…。
でも、アプリケーションとしてエクスポートしたものは2Dも3Dも上手く動作した。
よくわからない…(´Д` )
アプレットでエクスポートできないと気軽に作品を公開する事ができないのでProcessingの面白みがちょっと減少してしまう…。

さらに調べていると、エクスポート用のEclipseプラグインなるものがあるらしい。
Proclipsing
早速試す。
このプラグインを使用してエクスポートするとindex.htmlも生成してくれる。
2Dはちゃんと動いた。…が、やはり3Dは真っ白い枠が表示されただけだった。

ここまでの作業はMacで行っていたのだが、試しにWindows7環境でも試してみたところ、
…おぉ、どちらもちゃんと動く。
Windows環境でエクスポートしたアプレットはMacでもちゃんと動いた。
ということは、このMacの開発環境がなにかしら変なのか。。。

もっと原因探っても良いけど、よく考えたらアプレットはスマホとかで観られないし、
だったら動画にしてYoutubeにアップする方がたくさんの人に観てもらえるよなぁ…、
とか思い始めたので、この辺で諦めようかな…笑

あとがき

プラグインで作ったプロジェクトは特にopengl系のjarをビルドパスに入れなくても3Dを扱えた。

…けど、size(300, 300, OPENGL)としてOPENGLのエンジンを使おうとすると、やっぱり

You need to use “Import Library” to add processing.opengl.PGraphicsOpenGL to your sketch.

と出てしまった。

…これもまた前と同じように設定すれば動くだろうか。。。
これもめんどくさいので後回し笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください