Jenkins入門(4)

Pocket

今回はJenkinsにJUnitを追加してみます。
教科書はいつもの。
Jenkinsではじめるビルド職人入門

まだまだJenkins「が」JUnitでテストをしてくれる、
と思い込んでしまいますがJenkinsがやってくれるのはあくまで「スタートボタンを押す」ということだけ。
プロジェクトにJUnitを組み込みたいなら、
「自分で」JUnitの環境を入れ、テストコードを書き、ビルドファイルに登録しなくてなりません。。。

そもそも自分はJUnitについてよくわかってないんですよね(;´Д`A

テストコードの置き場所

JUnitを加えるとなると大きく分けて2種類のファイルをプロジェクトのディレクトリへ加えることになります。
その2種類のファイルというは、JUnitのjarとテストコードです。

それに伴って、テストコードのコンパイル用ディレクトリ(ワーキングコピーディレクトリとコンパイル用ディレクトリを分ける話は前回を参照)も必要になります。

さらにテストを行うとテストレポートが作成されます。
そのレポートの出力先ディレクトリも用意する必要があります。

つまり、ざっと以下のものが必要になります。

  • JUnitライブラリとそれを置くディレクトリ
  • テストコードとそれを置くディレクトリ
  • テストコードコンパイル用ディレクトリ
  • テストレポート出力先ディレクトリ

テスト実行はantで行うためビルドファイルに設定します。
????????????

「ジョブ名」-「設定」-「ビルド後の設定」-「JUnitテスト結果の集計」
でJUnitテストレポートを作成するように設定します。
これでビルド実行するとジョブのTOPに「テスト結果の推移」が表示されるようになります。
(テストが2回以上行われないと「テスト結果の推移」は表示されないようです。
すぐに見たければビルドを2回実行してみましょう。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください