vpmとは

Pocket

この記事はvvvv Advent Calendar12日目の記事です。


vpmはvvvvのパッケージマネージャです。
vvvv vpm
Contributionsに上げられている多くの便利なプラグイン達を管理するためのものです。
あるプラグインを使うには別のプラグインが必要だったりすることもあるのですが、そういった依存したプラグインも一緒にインストールしたり、今どのプラグインのどのバージョンを使用しているかなどを管理してくれます。

使い方

ここからvpm.zipをダウンロードして好きなフォルダに展開します。
vpm 1.2.8

vpm.batを管理者で実行します。
.vpackという拡張子をクリックしたときにvpmを実行するか? 的なことを聞かれるので
Y
とタイプします。

その後、https://vvvvpm.github.io/等でインストールしたいプラグインをダブルクリックすると
vpmが立ち上がるようになります。

ここではFBX4Vというプラグインをインストールしてみようと思います。
↑のページでFBX4Vを探し、最新のバージョン(この記事を書いている時点での最新はversion.17.09.04.vpack)をクリックします。

するとこの様なウィンドウが立ち上がるので、
「…」をクリックしてvvvvのインストールフォルダを指定してOKをクリックします。
自分の場合は「C:\Program Files\vvvv\vvvv_50beta35_x64」でした。

すると今度はこのようなウィンドウが表示されます。
左のカラムにFBX4Vを使うために必要な他のプラグインも表示されています。

FBX4Vの画面では、Girlpower(vvvvではチュートリアルやサンプルパッチを意味する)はあると便利そうだったので、
「Install assets for Girlpower」をONにします。
全てのプラグインに対してAgree and installにチェックを入れてContinueをクリックします。

あとは黒い画面のコンソールで何やら実行されている様子が見て取れるのでインストールが終わるまで待ちます。
自分の環境では途中こんなエラーが出ちゃいましたがEnterを押して続行…。

「All good in theory. Enjoy!」
と表示されたら完了です。
vvvvを起動するとFBX4V系のノードが使える様になっています。
vvvvのインスト―ロフォルダ/packs以下を確認すると今回インストールしたプラグインがずらっと入っているのがわかります。
色んなプラグインをまとめてインストールできるのは便利ですね。
Girlpowerのチェックを付けたので、FBX4Vフォルダの下にはサンプルパッチが入っています。

Enjoy!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください