vvvvでOpenStreetMapのデータを読み込み表示してみる(その3)

Pocket

この記事はvvvv Advent Calendar5日目の記事です。


前回の続き。
今回は建物などの高さを表すheight属性を引っ張ってきて可視化しようと思います。
height属性はway要素が内包しているtag要素が持っているのでXML系のノードを使って頑張って持ってきます。

heightの値が取れたら、way要素で作られるシェイプをheightの値分y方向へ繰り返してみます。
↓の赤いシェイプを繰り返します。

この辺でSpreadsの値が増えてきて混乱してきます…が、
bin数分だけ何かの数を用意する場合はSelectノードが使えます。

ということで頑張ってシェイプを作るbin数とheightを表すy座標の数をうまいこと合わせると(雑!)
建物が現れました!
SF映画の作戦説明シーンとかで出てきそうな画ですね。

期待に反して駅周辺しか高さ情報がない…(残念)

LineStripで作ってみましたがこのノードはあまり表現の幅が少ないので他の表示方法の方が良さそうです。
が、そのためには今のSpreadsの作り方を変える必要がありそう…。

今回はここまで。

続く(かな…?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*