翼をつくる

Pocket

前回から引き続きblenderネタです。
前回は羽毛を作成しました。最終的に完成させたいのは翼です。

羽毛の作り方とほぼ同じ作り方で羽根を作りました。
それをリサイズしながら翼っぽく並べます。
そして前回作った羽毛を翼全体にエミッションしようとして失敗したのがこれです。


みごとに気持ち悪い事になっています。
さて、まばらに突き刺さっている羽毛をちゃんとキレイに毛並みよくはやしてあげられる事は出来るのか。

…。

…。

で、色々いじった結果こんな感じになりました。
なにかとバランスが悪いな…。
でもパーティクルの設定がだいぶ解ってきたので一旦メモしておく。
この格子状の模様はなんだろうか。
レンダリングのパラメータがわるいのか、PCの問題か…。
とりあえず、本題ではないので置いといて、パラメータの解説にすすみます。

Particle Systemは1つだけ。
TypeはEmitterを選択。

-Emission
Amountで羽毛の量を調整。今回は2000くらいにしています。
Emit FromはFaces、Randomを選択して面から羽毛が生える様にしています。
-Render
Emitter、Unbornにチェックを入れてObjectボタンを押します。
オブジェクトはもちろん前に作った羽毛を選択。
Rotationにもチェックを入れておきます。
-Rotation
Rotationは選択したオブジェクトに追随するみたい。
もとのオブジェクトを回転させるとエミッションされたオブジェクトも回転します。
Rotation Axisは羽毛が揃う様に適宜変更。
-Physics
Newtonianボタンを押す。
Random Sizeの値を0.9くらいにしてサイズにムラを出しています。
-Display
Renderdボタンを押してSize、Velocity、Numberにチェックを入れておきます。

毛並みを調整したいなら毛並みのタイプ毎にエミッターを分けてパラメーターを調整するのがいいのかも。
今回は面倒なのでやりません笑

もっと作り込みたいけど、ここにそんなに時間かけてられないのでモデリングはこの辺で。
次回は翼が動く様にしよう。

では今回はこの辺で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください